院内設備について

待合室

患者様同士が向き合わず、待っている間にストレスを感じないように、空間を広く使った奥行きある作りにしております。

キッズスペース

待ち時間もお子様が退屈しないように、キッズスペースを設けております。急に入り口などに飛びなさないように、形も工夫をしております。

機器のご紹介

OCT

眼の中にある網膜という部分の断層写真を撮影できる機械です。患者様には画面に映し出された緑色のマークを見ていただくだけなので、負担も少ないです。これにより緑内障や黄斑変性症の検査ができ、今後の治療方針の決定や効果を見ていくことができます。

視野検査

患者様の視野の範囲を調べることのできる機械です。視野の範囲を調べることにより、網膜や視神経の異常を診断することができ、緑内障や網膜剥離などの病気が発見できます。

眼底カメラ

その名の通り、眼の底の状態を撮影できるカメラです。眼底には網膜や血管、情報を脳に送る神経などがあります。眼底の検査をすることで、血管の破損、出血などの異常を発見、緑内障を診断することなどができます。検査もカメラに向かって眼を開くだけなので、患者様の負担になることも少ないです。

レーザー(光凝固装置)

後発白内障や網膜裂孔の治療に用いられるものです。レーザーで照射することにより、悪くなった部分の治療を行います。