検査案内

検査の大切さ

目の病気の中には、自覚症状がでる頃にはすでに手遅れ…というものが多く存在します。例えば緑内障は、自覚した頃には失明の可能性がとても高い状態にあります。そうならないためにも、日頃から病院において定期的な検査を受けておくことが大切と言えます。
若い人にはなかなかピンとこないかもしれませんが、年齢が上がるにつれ身体といっしょで、目が病気になる確率も上がっていきます。緑内障、白内障、糖尿病網膜症など重度な病気も多いです。少しでも異常を感じたら病院に行くのはもちろん、40歳を過ぎたら年に一回は定期検診を受けるようにしましょう。

当院で実施している主な検査

視力検査

目の視力を測定します。

眼圧検査

圧縮した空気を目に吹き付けて、眼球内圧を測定する検査です。眼圧の変動は、目の異常を知るために非常に大切です。

屈折検査

目に遠視や乱視などがないか、調べるための検査です。

視野検査

前方を見ているときに、上下左右前方がどのくらいの範囲見えているか調査するものです。ふだん人は両目でまわりを見ているため、視野の変化にはなかなか気づきづらいです。片目ずつ検査をして、視野に異常がないかを調べます。

眼底検査

眼底鏡で目の奥の網膜を調べる検査です。これにより緑内障や糖尿病性網膜症などを見つけることができます。

眼底三次元画像解析検査

目の中にある網膜の断面図を撮影する検査です。他の検査ではわからない薄い網膜までしっかりと確認できるため、緑内障の診断はもちろん、経過観察にも有効と言えます。